おやこ小学校
授業風景 

空き店舗を改装した小学校
 
町の人々の協力により、高松市仏生山町のまちなかに学校が誕生しました。


1、2時間目 算数
講師:金川悟先生(元高校数学教師)/馬場昌宏先生(現中学教師)

 テーマ「おとなもこどもも算数が好きになる遊び方!」
数字や形の不思議をさぐるクイズを、親子で楽しく解いていきました。


3、4時間目 理科
講師:畑本耕一先生(柔道整復師)

 テーマ「自分たちの体を整えよう!」
健康診断したり親子でマッサージをしあったりして、お互いに体を整えあいました。


5、6時間目 社会
講師:水津繁美先生(写真屋スイズカメラ店主)

 テーマ「今・むかし・未来」
おとながこどもの年の頃の話をしてもらったり、当時の遊びを体験したり、互いの服を交換して使い捨てカメラを持ち、屋外で課外活動!


7、8時間目 国語
講師:宮島朋宏先生(俳優)

 テーマ「想像してうんと遊ぼう!」
想像力を駆使して即興の演劇ゲームをしたり、童話の登場人物を自分たちに置き換えて台本を作ったりしました。


9時間目 クリスマス会&修了式
 
最後はみんなで教室でお弁当を持ち寄って、クリスマス会。
 ゲームで遊んだあと、全員に通信簿と卒業証書が授与され、2016年のおやこ小が終了。


10時間目 おとな小学校
 
この日はおやこ小一旦終了の記念で夜に開校し、おとな向けの学校を開催。
福田賢司さん司会、写真家の宮脇慎太郎さんにゲストでお越しいただき、「アートと旅」をテーマにみなさんで話し合ったり、音楽を楽しんだりしました。


11、12時間目「商店街」 
講師:仏生山商店街の店主のみなさま

仏生山町の8店舗の商店さんにご協力いただき、チーム家族で教室を飛び出して大冒険!
お店の謎ときやお気に入り商品のチラシ作り、スタンプラリーなどの大ミッションに挑戦してもらいました。

13、14時間目 体育「野球」「ヨガ」 
講師:仏生山ビガーズ野球団、かわだゆきみさん

5/20は「野球」。ビガーズの監督河野徹夫さん、代表佐次耕三さんご指導のもと、64歳の年齢差のチームが発足。
キャッチボールから始まり、最後は全員でグラウンドに向かってお辞儀。スポーツの素晴らしさを実感した日でした。

21日はかわだゆきみさんの「ヨガ」の授業。コミュニティセンターさんで、みんなでのびのび心と体をリラックス。
集中するってなかなか難しいけれど、ゆきみさんの発想と明るいご指導のおかげでみんな楽しく取り組むことができました。  

15、16時間目 社会「おやこ議会」「福祉」 
講師:及川賢一さん、四軒家啓介さん、出原慎太郎さん

7/29は東京都八王子市市議会議員である及川先生と、おとなVSこどもで議会を開催。
家庭での新ルールをおとな行政が提案しこども議員と議論を重ねていく、実際の地方議会のやり方を踏襲したオリジナルな白熱授業でした。
 
7/30は「福祉」。ケアマネジャー四軒家さん、介護士出原さん、福祉プラザ中村さんにより高齢者の疑似体験をしたり、お年寄りになるってどういうことか考えました。
最後おじいちゃんおばあちゃんへのお手紙を書いてもらい、教室中の大人たちは涙涙。親になったからわかる苦労や愛情、感謝の気持ちを伝えてもらいました。

17、18時間目 図工「文化祭」
 
10/14-15、仏生山町の一大行事「大名行列」に合わせておやこ小は文化祭を開催。
こども生徒さんにとっては人生初の文化祭!
色んなゲームを用意してお客さんをおもてなしする大仕事をみんながんばりました。雨にも負けず、にぎわい溢れる日となりました。  

19、20時間目 親子「おや先生」「こども先生」
 
最後の科目は「おやこ」。「おや先生」「こども先生」として参加者全員に先生になってもらい、仕事や好きな科目のことを話してもらったり、家族間の思い出をクイズにしたり、お互いへの気持ちをことばにしたり。そして最後にこども先生から親御さんに表彰状授与、大フィナーレとなりました。

ちょっと恥ずかしそうに自分のことを話す親御さんを見つめる、こどもさんのまなざし。我が子から賞状をもらう親御さんの表情。小さな教室は、生徒さんの他にもたくさんの見学の方々でギュウギュウになり、あたたかい気持ちで満たされました。