THE ASHIO SYMPHONY 
足尾シンフォニー
 
09-11.2014 /ASHIO, TOCHIGI, JAPAN
 

2014年11月16日、栃木県日光市足尾町足尾小学校にて行った 町の人々による音楽会の開催とそこまでの過程をふくめたプロジェクトです。10月はじめから11月半ばまで、WATARASE ART PROJECTでアーティストインレジデンスのプログラムに参加し、そこでの芸術祭「あしお碧水祭」での作品として今回の音楽会を実施することとなりました。
人口2500人あまりのこの小さな足尾町には、趣味の活動として音楽を愛している方がたくさんいることを知りました。何かこのエネルギーを良い形で集約できないかなあと考えていると、古くから住人の方々に親しまれている「足尾の四季」という歌に出会います。これをみんなで歌うことをクライマックスに、住民のみなさんで創る音楽会を開こうと思い立ち、出演者をつのりながら告知ツールや会場の装飾品、たくさんのものを子供達と一緒に作っていきました。当日は小学校一年生から90才のおばあちゃんまで約70名の方が出演、計約150人が足尾小学校の体育館に集まってくださりました。一ヶ月半、本当にたくさんの方々にご協力、参加していただき当日の開催に至ることができました。

It is a music concert I held with local residents in Ashio-town, Japan as AIR program. I noticed that there are lots of music lovers in the town. Also, a song called “The seasons of Ashio”, was kept singing among them. However, there were not many opportunities for them to perform music as the town suffers from declining population problem. So I decided to create the concert with them. In total over 70 people performed their own music and 150 audiences were gathered in the concert. One and half month, with the contribution of local people, preparation of this concert was conducted.
 
Collaborated with (協同): 日光市足尾町の住民のみなさん、シンブンシャのみなさん
 
当日の写真撮影:島崎 雄史 他、佐藤るな/馮 意欣/秋元ゆいの
映像撮影:岡田翔 音響:町田洋
出演者(あいうえお順):足尾和太鼓チーム銅/JEWEL CROWN/TEAM-DON/日本民謡協会山形会第一・第三教室/ビッグバンド/星野ヤスハル/RIKU&HIROKI
Special Thanks:ブラザーモーターズ社長町田洋さま/呑龍寺の佐々木住職さま/御菓子司安塚さま/足尾小学校、中学校教職員のみなさま/荻原ファミリーのみなさま/WAP代表皆川俊平さま、作家陣のみなさま/足尾町のみなさま

CONCERT

MAKING

ARTWORKS