EVENT
中之条温泉まんじゅう物語 特別編

会期の最終週、一ヶ月間繰り広げてきたおまんじゅう屋台広場で行ったお客さん参加型の謎解きゲームです。
かつては芝居小屋もあり、四万の住民の方々に愛されていたお芝居を役者さんや住民の方々に協力していただき取り入れました。
屋台を舞台に繰り広げられる演劇の中で浮上する四万温泉伝説の謎を解くため、お客さんには街を歩き商店の方々と話したりしながら、答えを探す旅に出てもらいます。
住民の方々にもエキストラとして登場してもらいました。


プロローグ1:おまんじゅう屋台にやって来た一組のカップル
 
この日もいつも通り、四万温泉でまんじゅう屋台が営業中。そこに東京から温泉旅行に来たカップルさんがご来店。
激しいケンカが始まり、彼女が怒って出ていってしまう。



プロローグ2:謎の武将が登場
 
とその時突如現れた、碓氷貞光と名乗る武将。
妙な格好の武将に一同たじたじ、陽気な貞光は小腹が減ったとまんじゅうを食べる。



プロローグ3:貞光が倒れた!
 
と、まんじゅうを食べた貞光がいきなり倒れる。誰かが何らかの目的で貞光のまんじゅうに毒を盛ったのか?
謎に包まれた貞光が残したのは、いくつかの印がついた四万温泉の地図。お客さんはこれを元に、街を回ることに。



ヒントを頼りに街歩き
 
お客さんに地図が渡され、印がついた場所を回ることに。
おまんじゅう屋さんだったり観光協会だったり、その場所に行くと紙切れが渡される。



碓氷貞光の正体が明らかに
 
全ての場所を周り、アイテムを集めるととある場所へと導かれる。
そこは山を登ったところにある街の銭湯、御夢想の湯。手前の看板を読むと、なんと碓氷貞光による四万温泉発祥の伝説が。



エピローグ:貞光再び、そして時空が戻る
 
まんじゅう屋台に、御夢想の湯まで行き謎を解いたカップルが戻ってくる。
と再び貞光登場、深い眠りについていたと言い、その夢で童子にこの地に温泉を創るよう命じられたと言う。
意気込んで去っていく貞光、残された一同。現代と四万温泉が生まれた時の時空がこの屋台をきっかけにつながったのかもね!



冒険終了!
 
無事全ての場所を周った勇者たちにはおまんじゅうセットと特製ステッカーが贈呈される。
参加者の方々には予想外の過酷な山登りをさせてしまいましたが、街を歩いて地元の人々と話をしたり、四万を知ってもらう目的が達成できて本望でした。
関わってくれたみなさま、本当にありがとうございました!