是川時空探検祭!
KOREKAWA TIME-TRAVEL FESTIVAL

05.2016 /八戸市、青森県

 www.korekawa-timetravel.com 

青森県八戸市ポータルミュージアムはっちのAIR事業として2015年度に行ったプロジェクト「時空探検隊」の続編として、埋蔵文化財センター是川縄文館の中居遺跡で開催することになったお祭りです。縄文人に会える演劇や石器で肉を切って食べる体験、即席音楽会などなど、縄文文化への親しみが増すような参加型のプログラムを詰め込みました。またはっちと縄文館の共同主催ということで、はっちからバスで出発するお楽しみパックツアーも開催し、初の二館コラボレーション企画が実現されました。親身になってご協力くださった学芸員小久保拓也さんをはじめ、ポータルミュージアムはっちさん、縄文館の職員さん、ボランティアさん、また役者さん、音楽家さん、写真家さん。そして当日お越しくださったお客さんに心よりお礼申しあげます。前日の強風で全てが吹き飛ぶ寸前でしたが、国宝合掌土偶さんの祈りが通じたなあと思っています。

This festival was conducted as a sequel to the project "Hachinohe-roman Time Travellers", which I previously did in 2015 as an “AIR program” at Hachinohe portal museum, with the aim of expanding Jomon culture in wider audience, the festival was held at Jomon archaeological site. A lot of participatory programs, such as Jomon Theatre, Live music, Cooking with ancient stone tools, were conducted with the theme of “participable Jomon amusement park". I am very grateful for those who have helped me to get this event going and those who took part in it.  The storm on previous night almost blown everything away. Though, our fervent player for ‘Gashou dogu’(praying hands clay doll) for a protection was answed.

主催:八戸市(八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館、八戸ポータルミュージアムはっち)
写真:向田 昌弘 (一部 小久保拓也、岩館千和)/ 役者:安達 良春/鎌倉 藍実/外舘 暢子 / 音楽:サム助とゆかいな仲間たち
Special Thanks : 是川縄文館学芸員小久保拓也さま、職員のみなさま、縄文是川ボランティアのみなさま、これカフェのみなさま、ポータルミュージアムはっち主幹榊原由季さま、はっちコーディネーター岩舘千和さま、職員のみなさま、是川地区住民のみなさま、高倉大輔さま(台本監修)、町田早季さま(イラストレーション)

CONTENTS

MAKING / ARTWORKS