おやこ小学校

OYAKO-SCHOOL
 

親子、ときどき同級生。
こども・大人・地域が一緒になって学び合う「小学校」。

 
おやこ小学校は、小学生とその親御さんの2人1組で「同級生」として参加してもらうアートプロジェクトです。
地域の様々な専門家の方を講師に呼び、
一緒に考えたり手や体を動かしたり、お互いのことを話し合ったりする様々な授業を行います。
おやこ小学校の特徴

POINT1
目的は「親子の対話と協働」

 
おやこ小学校は技術を高める習い事ではありません。親子の絆を深めるための学校です。
親子さんには「チーム」として色々な作業を一緒にしてもらったり、体に触れ合ったり、時にはそれぞれのことを話し合ったりしてもらいます。
 
おうちでの関係とは違う「同じ立場」としての時間を共有し、お互いについて新しい発見をしたり、家族間の理解を深めることを目指します。


POINT2
地域の専門家が講師

 
国語・算数・理科・社会など、各授業の科目は小学校教科に基づきますが、その内容は学校とは異なります。例えば整体師さんによる親子マッサージ(理科)、俳優さんによる即興演劇ゲーム(国語)、議員さんによる親子討論会議(社会)などなど。
 
地域にお住まいの専門家の方々に講師となってもらい、親子で楽しめる授業を考えていきます。採点やテストなどは無く、順位を競うことはありません。


POINT3
ゆるやかな手作り教室空間

 
教室にあるものは、机も椅子も全て手作り。はじめましてのこどもさんも緊張が解けるような、カラフルで温度感のある空間を目指しています。走ったり落書きしたり、置いてあるもので遊んだりもぜひしてください。
 
どこか懐かしいようでどこにもないような教室を、地域住民の方々と一緒に作っていきます。

今までに開校したおやこ小学校

 
時 期 2016.11〜2017.12(終了)
場 所 香川県高松市仏生山町
主 催 高松市(文化芸術振興課)
授 業 全20回 
 
おやこ小はここから始まりました。一年半に渡って、のべ220人超の生徒さんと授業を開催。最終回は大人生徒さんとこども生徒さんそれぞれに講師を務めてもらいました。
 
プロジェクトを見る


 
時 期 2019.06(今後も継続予定)
場 所 東京都豊島区巣鴨
主 催 東アジア文化都市2019実行委員会(豊島区)
授 業 全8回
 
東京にて復活したおやこ小。都心ならではの街歩きや授業構成で、全8回の授業を終了。大正大学の学生さんたちが全面的にサポートしてくれたことも嬉しい出来事でした。
 
プロジェクトを見る

今後も様々な場所で開催していく予定です