さいたまアートセンター
ことば基地
SAITAMA ART CENTER KOTOBA-KICHI

 
時 期 2019.11
場 所 埼玉県さいたま市大宮区/旧大宮図書館
企 画 さいたま国際芸術祭2020
主 催 さいたま国際芸術祭実行委員会(さいたま市)
参 加 参加者人数のべ約50人
 



協力:さいたま国際芸術祭サポーターのみなさん
設営:有限会社シーズ
 
Photo:Yuji Shimazaki(空間)、Shunya Asami(作業風景)

様々な「ことば」が読まれ、語られ、生み出される多目的スペース


  • 内容 廃館になった大宮図書館の一室を使い、埼玉県で行われる芸術祭「さいたま国際芸術祭2020」の会議や来場者とのイベントを行うための空間をサポーターの方々と作る。

 

  • 挑戦 築年数が長く、無機質な印象になっている公共空間だが、楽しく創造的な時間の流れる場所にしたい

 

  • コンセプト 「さまざまな言葉が生み出される隠れ家」をテーマに、くつろげる空間づくりを目指した。図書館に置いてあった古本を並べ、イベントが無い時は読書を楽しめる。

 

  • 結果 面積も広く作業量はとても多かったですが、連日サポーターの方々が一緒に作業してくださり、完成することができました。その後数々のイベントでことば基地を使ってもらって、賑わっている様子を見れることができ幸せでした。

 

初期のイメージスケッチ