中之条温泉まんじゅう物語
NAKANOJO MANJU STORY

 
時 期 2015.09-10
場 所 群馬県中之条町四万
企 画 中之条ビエンナーレ2015
主 催 中之条ビエンナーレ2015実行委員会(中之条町)
 


 
協働店舗:おきなや、高田屋、はこちゃんまんじゅう、楓月堂、もみじや
役者:高倉大輔/外村道子/宮島朋宏
 
Special Thanks : 四万温泉街のみなさん、四万温泉観光協会さん
Photo:Katsumi Orita, Taiga Nakanishi, Chiwa Iwadate

地元商店の応援をし、来訪者間の交流を生むまんじゅう屋台


  • 内容 芸術祭「中之条ビエンナーレ2015」の出展作品。町に点在するまんじゅう屋の品を集め、その場でいただける移動式屋台を作る。最後には四万温泉の伝説を絡めた演劇型イベントを開催。

 

  • 挑戦 会場の四万温泉は趣のある素敵な温泉街だが、休憩所があまりなく飲食店舗同士も離れている。町を散策し食べ歩きでき、さらには来訪者同士交流できる場所を作る。

  •  
  • コンセプト まちの美味しい魅力を味わいながら、芸術祭来場者や温泉客、地元住民混ざっておしゃべりを楽しめるHUBを作ること。競合でなく、共栄の精神で同業種の商品を販売する。
     
    結果 普段交わることのない来訪者間のコミュニケーションを生むこと、地元商店の応援を目的とした賑やかし企画です。実際に始めるとおまんじゅうは連日完売、一ヶ月間で計14日間、合計3000個あまりのおまんじゅうがお客さんのお腹に入っていきました。地元の子どもさんが毎日店を手伝ってくれたこと、最終日のイベントでは観光協会さんはじめ多くの地元の方々が手伝ってくださったことも嬉しい出来事でした。

初期イメージスケッチ