THE ALTERNATIVE SPACE
BETWEEN HOME AND AWAY
代わりの場所、ホームとアウェイの境界で

CLISSOLD PARK, LONDON, UK / 05.2014
  

イギリスで3年間、外国人として生活をして感じることは、常に場所には「HOME」と「AWAY」の境界線が存在しているということでした。世界では、この自分の属する集団のテリトリーか否かの境界と、その集団に同じように入る存在=同質、そうでない存在=異質の境界が色々な問題の根底の原因になっているように感じます。ただ、それら私たちがカテゴライズしてしまうものの存在を認識した上で、自分とは異なる性質を持つ他者との共存は可能だと私は、ここでの生活を経て信じるようになりました。このことについてみんなで考えるきっかけをつくりたいなあ。多くの人が関わりやすい、ハッピーな印象が生まれる方法で。そこから生まれたのがこのUFOです。
透明の壁には内側から「HOME」、外側から「AWAY」とかかれていて、中に入った人は誰でも、エイリアン(よそ者)として孤立した空間を経験します。そこから見る外の世界をどのように感じるか、またこの「home」「away」の境界について、エイリアンになってくれた人々に、好きなように壁にかいてもらいました。

Since I have lived in the UK as a foreigner, always felt that there is a boundary between ‘Home’ and ‘Away’. A number of issues seem to be caused by this cultural or national differences. However, this three years of experience made me believe that it could be possible to co-exist with others, by understanding those cultural and conventional differences. What I made was an opportunity to think of the aforementioned boundary, as everyone becomes Alien while being in the isolated object. I put the word ‘Home’ on the transparent inside wall and ‘Away’ on the outside, implicating the UFO is in everyone’s space. But at the same time, from inside, you experience the isolation, as an alien. Then I requested the participated guests to write down their own opinion on the wall boundary between Home and Away.